活動日誌−久松みちお

【16.05.01】生きる尊厳ー岡本太郎の縄文ー に驚嘆

生きる尊厳ー岡本太郎の縄文ー に驚嘆

   岡本太郎記念館では「生きる尊厳ー岡本太郎の縄文」が展示されています。
その解説文の中に「岡本芸術とは縄文精神の発露である」といった一文もあります。国学院大学博物館の協力による縄文土器の展示もありました。
 そこでは、いわゆるこれが縄文土器だと言えるような縄文時代中期の代表的なものが展示してありました。
 太郎の作品をはさんで、右に加曾利E式、左に勝阪式、阿玉台式と並んでいて、学生時代に教わった縄文土器のことが思い起こされました。
 驚嘆の限りでした。

 

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る
RSSフィード(更新情報)