活動日誌−国政の動き

【12.07.11】中越沖級揺れで炉心溶融も 井上議員 再稼働の根拠崩す

中越沖級揺れで炉心溶融も 井上議員 再稼働の根拠崩す

   日本共産党の井上哲士議員は10日の参院予算委員会で、関西電力大飯原発のほか、再稼働が狙われている原発について、中越沖地震(マグニチュード6・8)規模の揺れにさらされると、炉心溶融にいたる揺れの限界点を超えてしまうと追及し、最新の知見によって安全だとする政府の再稼働の根拠を突き崩しました。野田佳彦首相は「専門家の議論を待つ」と否定できなかったものの、「再稼働を再考する考えはない」と述べ、原発再稼働に固執する姿勢を示しました。 (論戦ハイライト)


--------------------------------------------------------------------------------




 井上氏は、2007年の中越沖地震の際、東京電力柏崎刈羽原発では基準地震動(450ガル)の約4倍もの1699ガルの揺れが発生し、3700件を超える事故・故障が発生したことを指摘。再稼働を強行した大飯原発3、4号機でも限界点は1260ガルにすぎず、ほとんどの原発で、柏崎刈羽原発が受けた中越沖地震規模の揺れがくれば炉心溶融にいたる限界点を超えてしまうと迫りました。

 これにたいし枝野幸男経産相は、「大飯原発と柏崎刈羽原発は地下構造が違う」などとしながらも、「(指摘を)受け止めて対応する必要があるのかないのかチェックさせる」と述べました。

 井上氏は、“日本で大きな地震が起きないといえる場所はない”ことを気象庁が認め、日本海側の海底活断層調査を政府が行うのは来年度からとした平野博文文科相の答弁を示し、「なぜ、柏崎刈羽並みの地震が起きないと断言できるのか。これは新しい安全神話だ」と批判しました。

 さらに井上氏は、大飯原発の敷地内にある断層について、専門家が活断層である可能性を指摘していることをあげ、「再稼働を中止し、掘削調査を行え」と追及。枝野氏は「公開の意見聴取会で議論する」と答えたものの、調査について言及しませんでした。

 井上氏は、「事故の原因究明も、耐震基準の見直しも、避難計画もない」と指摘。「再稼働は絶対に認められない」と主張しました。

臨戦ハイライト

  10日の参院予算委員会で関西電力大飯原発の再稼働を中止するよう求めた日本共産党の井上哲士議員。新たな「安全神話」にたち、国民の安全を顧みない政府の姿勢が浮き彫りになりました。


--------------------------------------------------------------------------------




地震による原発損傷 国会事故調が指摘
 「官邸前の再稼働反対デモは空前の規模になっている。この国民の声にどうこたえるのか」―。井上氏がこう迫ると、野田佳彦首相は、「さまざまな声が届いている」としながらも、「再稼働については一定の判断をした」との認識を示しました。

 井上氏は、国会の福島原発事故調査委員会の報告書が、「地震による損傷ではないと確定的に言えない」とのべていることを指摘しました。

 井上 政府は「地震による損傷はなかった」という立場で再稼働を進めた。再稼働の根拠は崩れた。

 枝野幸男経産相 地震による損傷がないという認識ではない。安全機能は保持できる状態だったという見解だ。

 井上 報告書は、事故原因を津波に限定しようとする背景に「既設炉への影響を最小化しようという考え方がある」と指摘している。政府も同じ立場だから地震対策のいいかげんさにつながっている。

 井上氏は、東日本大震災を受けて大飯原発で想定される最大の地震の揺れ(基準地震動)を見直したのかと質問。枝野氏は、「見直す必要がないというのが専門家の評価だ」と拒否。井上氏が、東日本大震災と原発事故を踏まえれば、どのような地震が起きうるのかとただすと、平野博文文科相は、日本海側の地震・津波の調査は来年度から実施すると答えました。

 井上氏は、07年の中越沖地震で、柏崎刈羽原発では基準地震動の4倍近い1699ガルの揺れを記録し、3700件を超える事故・故障が発生したことを指摘しました。

 井上 日本で、大きな地震が絶対に起きないといえるところがあるのか。

 羽鳥光彦気象庁長官 そのようなことを言うことは難しい。日本の場合はどこでも発生する。

大飯再稼働中止し活断層調査直ちに
 井上氏は、地震大国日本で原発の安全をどう考えるかと問いかけ、国会事故調・調査委員の石橋克彦神戸大名誉教授が「過去に原発で観測された最大加速度1699ガルを考慮すべきだ」と強調していることを指摘。同規模の地震が起これば、大飯原発3、4号機をはじめストレステスト(耐性試験)提出済みの全原発で炉心溶融にいたる揺れの限界点を超えてしまうと迫りました。

 井上 大飯でこのような地震が起きないと断言できるか。

 経産相 大飯原発の地下構造は、柏崎刈羽とは違う。

 井上 柏崎刈羽の場合も、地震の後で断層の過小評価が明らかになった。日本海側の断層等の調査は来年度からなのに、なぜ起きないといえるのか。

 首相 今のレベルでは一番の知恵を尽くして安全性をチェックした。

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る
RSSフィード(更新情報)